2年 どきどきわくわく校外学習

10月9日(木)、今週は、台風が近づいて来ており、雨が心配でしたが、雨に降られることなく無事に到着することができました。
行きは、米原から電車で彦根まで行きました。
「ちゃんと買えるかなあ。」「お金はどこへ入れるんだったかな?」と経験したことがある子もいたのですが、少し心配そうに、お財布から90円を出し、切符を買いました。ドキドキしながらの体験でしたが、事前の学習をみんなよく覚えていて、戸惑うことなく自動券売機を使うことができました。

次は、米原駅のCIMG1025駅員の方に駅を案内していただきました。エスカレーターのスピードが遅いのは乗り換える人が混み合わないようにということや、子ども用の切符は、改札を通ると音が鳴ることなど駅の工夫をたくさん教えていただきました。

 

CIMG1006その後、彦根城を見学しました。彦根城の中は階段が急で、登るのにどきどきしているようでした。お昼は、彦根城周辺で食べました。金亀公園では、蜘蛛の巣タワーや遊具で、遊びました。行き帰りのバスでひどく酔う子もなく、みんな元気に喜んで帰ってきたと思います。

CIMG1093CIMG1081

ご協力いただき、ありがとうございました。

 

0

長浜市科学研究発表会

9月30日(火)長浜小学校を会場に『長浜市科学研究発表会』が開催されました。

各校から夏休みに取り組んだ力作が発表されました。どの作品もとてもすばらしく、熱心に追求している様子が伝わってきました。

本校からは、低学年の部堤啓人(2年)さん、高学年の部宇野晃平(5年)さんが代表となり発表しました。2人ともとても堂々とした態度で落ち着いて発表出来ました。

啓人さんの作品は、「やさいとぶどう うかべじっけん」と題し、色々な野菜や果物の浮き沈みをしらべたものです。写真などを使ってわかりやすく表現出来ました。優秀賞を受賞しました。

IMG_0714IMG_0716

晃平さんの作品は「知ってびっくりメダカの研究パート3 ヒメダカ・黒メダカ・宇宙メダカ」と題し、過去3年間の継続実験成果の発表でした。綿密な実験結果としっかりとしたまとめが出来ていました。最優秀賞を受賞し、長浜代表として滋賀県大会に出場が決まりました。

1+

「なつまつり」公演会・児童発表

夏祭り (6)

午前中は、校歌『あざいのまなご』を作詞作曲していただいた「中村典子」先生と演奏家の方々にご来校頂きました。舞台上で演奏してくださっているのは、フルート奏者でしのぶえを児童に指導して頂いています「井伊亮子」先生。そして、箏曲の世界的な演奏家「麻植美弥子」先生他です。舞台下は、四重唱の方々。

「和」をテーマに、美しい曲を聴かせて頂きました。演奏家の皆様のすてきな演奏の後、各学年ごとに児童の学習発表を行いました詩の群読、合唱、学習の発表。しのぶえによる校歌演奏、と内容は盛りだくさんでした。旧の両校児童が仲良く力を合わせて発表出来ました。最後は、プロの伴奏で浅井小学校校歌を全員で歌いました。

 

1+

命の学習

7月10日(木) 命の学習

IMG_0694 IMG_0695

 

IMG_0696

講師の「林ともこ」さんが3年生以上にとてもていねいにわかりやすく、『命』の尊さについてお話くださいました。
林さんのお子さん「あーちゃん」は先天性のご病気でしたが、2236日元気いっぱい生き抜かれました。
その間のエピソードを通して、子どもたちに命の大切さ、一人ひとり皆かけがえのないこどもであることなど、教えて頂きました。
事後の感想で子どもたちは、力一杯生きることの大事さ、友だちを大切にすることなどそれぞれしっかりと考えて書いています。
とても貴重な道徳の学習でした。

1+

俳句を学習しました

7月4日(金)5時間目

俳句 (3) 俳句 (2) 俳句 (1)

仏教大学教授 京都教育大学名誉教授  坪内稔典先生に56年生が俳句指導を受ける
「浅井小学校の夏」をテーマにして作成する体験をした。
五七五で言い表す難しさや楽しさを体得し、その後、校長室前に設置した「俳句ポスト」に投稿を始める子も出てきている。

俳句
俳句
1+