第4回避難訓練 (2020年1月15日)

1月15日に第4回避難訓練を行いました。今回は、長浜警察署から3名の警察官に来ていただき、不審者対応の訓練でした。事前の学習通り「不審者侵入」の緊急放送後、子どもたちは各教室で静かに身を隠すことに努めました。その後、不審者が警察官に身柄を確保された後、体育館に避難しました。

警察官から、
「学校に不審者が侵入してくる危険性は十分にあること」
「教室で静かに身を隠すことができていたこと」
「体育館への移動が静かにできていたこと」等訓練のめあてに関してお話をしていただきました。避難訓練全体を通して子どもたちの態度に「100点満点でした!」というお話を聞き笑顔を見せる子どもたちが見られました。

写真1,2


子どもたちの健康・安全を脅かす事案が至る所で毎日のように起こっています。「学校は安全であるべきところ」を肝に銘じ、保護者・地域の皆さんとはもちろん、関係機関との連携を深め子どもたちの生活を見守りたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

 

0

百人一首暗唱 (2019年2学期)

浅井小学校の取組の一つとして、「百人一首の暗唱」を行っています。今回、ボランティアの皆さんにお願いして、11月12日~11月21日、12月12日~18日の昼休みに子どもたちの暗唱を聞いていただきました。たくさんの子どもたちが暗唱を聞いてもらいに行きました。

写真1~4

 

子どもたちは、冬休みを利用して暗唱したり、1月に予定の校内百人一首大会に向け練習したりすると思います。
ご家庭・地域でもこうした機会があれば、励まし等よろしくお願いします。

0

スマホ・ケイタイ安全教室 (2019年12月10日)

10日にNTTドコモから講師を迎え「スマホ・ケータイ安全教室」を行っていただきました。
今回、4,5,6年を対象に保護者の皆さんにも呼びかけました。また、5名の人権擁護員の皆さんが人権学習として「ネットいじめ」の防止に向けお話をしてくださいました。

講師からは、「個人情報の扱い」「正しい情報を掴む」「文字だけのやりとりの怖さ」「フィルタリング機能の重要性」等について映像を見せたり、クイズを行ったりして、わかりやすく説明していただきました。

写真1,2


人権擁護員の皆さんからは、「ネットいじめ」に関して、よく起こっている事象やその要因、相談窓口等のお話をしていただきました。

写真3,4


その利便性等でだれもが利用するであろうSNSやインターネットですが、使い方を間違えると大きな問題が起こってしまいます。こうした学習が活かされ被害・加害両方共関係なく過ごせることを願います。

保護者の皆さん、間もなく冬休みです。スマホやゲームのルールを決めていただく等、子どもたちのよりよい生活について話し合ってくださればと思います。(「あざい小・中学校スマホ規定」をぜひ参考にしてください)
あざい小中スマホ規定改定 小学生用

 

1+

4年人権学習 (2019年12月6日)

12月6日、4名の人権擁護員の方々を迎え、4年人権学習を行っていただきました。
今回は、「ボッチャ」というゲームを行い、ルールを守りチームワーク力を高め、他のチームと競い合いました。子どもたちは、このゲームに夢中になり、「どうしたらうまくいくか」等について話し合い、友だちが投じたボールの行方に一喜一憂していました。人権擁護員の皆さんから、「友だちとうまく関わっている。」「みんながルールを守り一生懸命やっていたので盛り上がった。」「互いに健闘を讃え合う、温かい雰囲気が大変すばらしい。」等の言葉をかけていただきました。

子どもたちは、いすにすわり利き手と違う手で投じることの難しさを強く感じ、感想には体が不自由な人への思いを書き表した子どもたちが多くいました。いろいろなことを考え、感じる時間となりました。

写真1~4




 

1+

人権集会 (2019年12月4日)

浅井小学校では、12月2日から6日までを校内人権週間とし、人権に関する授業、学級ごとの人権宣言の作成、運営委員会の取組(「心の花」)を行いました。それらを活かし全校的に人権意識を高めるため、4日に人権集会「浅井小 あったか集会」を開きました。

集会では、「人権とはだれもが幸せに生きる権利」ということ、そのために「自分ができることは何か」「周りとどう関わっていくか」等資料を見ながら考える時間をとりました。さらに、運営委員会の取組「心の花」の発表、各学級の人権宣言の発表を行いました。最後に、読み聞かせを行いました。

写真1~4(1:心の花の発表 2:人権宣言の発表)




子どもたちは友だちと仲良く遊んだり活動したりしています。しかし、時には、ちょっとしたことからでもうまく関われなくなってしまうことがあります。こうした時、話を聞きどうしていくとよいのかを共に考え、行動に移せるように励まし見届けたいと思います。きっと、大きな成長につながることだと思います。

 

0