6年チャレンジ・ザ・ロープジャンプ大会 (2019年12月3日)

12月3日に、6年市長杯チャレンジ・ザ・ロープジャンプ大会を行いました。今年は、長浜バイオ大学ドームが使用できないため、各校での記録会ということになりました。

6年生は、自分たちで計画を立て練習を行いました。みんなが跳びやすくなるように励ましたり、跳ぶタイミングを教えたりする様子が見られ、学級全員の力でやり切るという雰囲気が感じられました。

当日いつもと違った緊張感の中、声をかけ合い跳ぶタイミングをとる等記録を伸ばすために必死になっている姿が感動的でした。それぞれの学級で「新記録達成!」という結果を残すことになりました。
担当の先生から、「一生懸命声をかけながら真剣に跳んでいる姿はすばらしかった。」「みんなで跳んでいる雰囲気があり、温かな学級・学年だと感じられた。」「お互いに跳んでいる様子をじっくり見たり、応援したりしているところを見ていると仲がよいことがわかり、気持ちよかった」等のお話がありました。

写真1~6

全校のリーダーとして、これまで力を発揮してきた6年生。そんな姿を他の学年の子どもたちが見ることで、あこがれや目標となっています。更なる活躍・成長が大いに期待されます。

0

新一年生との交流会 (2019年11月29日)

11月29日3校時に1年が、来年度入学予定のあざい認定こども園のみなさんを迎え交流会を行いました。
秋のおもちゃランドを開き、こども園のみなさんを歓迎し楽しい時間になるように進めてきました。学校では、1年生は上の学年のお兄さん・お姉さんに手伝ってもらったり、やさしくしてもらったりすることが多いですが、今日は自分たちで準備し楽しんでもらうことになり、やる気満々、笑顔いっぱいの子どもたちでした。

「楽しいと言ってくれたので、よかった。」
「いっしょに遊べたので楽しかった。」
「知っている子が来てくれたので、うれしかった。」等々の感想が聞かれました。

写真1~8








来年の4月から共に通うことになるみなさんとこうした時間が持てたことは、お兄さん・お姉さん気分を味わい、仲良くしていこう“”いろいろ教えてあげようというような思いを抱くことになったと思います。

 

0

4年校外学習 (2019年11月28日)

11月28日、4年校外学習で県庁・危機管理センター、大津市科学館へ出かけました。
危機管理センターでは、まず三日月知事からのビデオメッセージを聞きました。「自然愛護」「災害に備える」「住みよい滋賀県にする担い手」等身近な生活のことから将来に向け夢や希望を持つことといった大事なことをわかりやく話されていました。その後、県内の災害等の対応をされる会議室や県内の数カ所の状況が映像でわかる設備について説明していただきました。

写真1,2


県庁では、県議会の議場へ入り議会の様子を見せていただきました。
子どもたちは「10分間お話をしません」という約束を守りました。声だけが響く議場内は緊張感いっぱいでした。

昼食はあいにくの天候のため大津市科学館でいただき、プラネタリウム・科学事象の体験と続きました。
プラネタリウムでは、星座の動きや名前の由来、それらに関するクイズ等豊富な内容で、「きれい!」「初めて見た。」「予想と違った。」等々の反応をしていました。終わった後、「もっと見たい。知りたい。という声があちこちから聞かれました。

科学事象の体験は、班行動で行いました。
「やってみたい」「やってみておもしろい」といったコーナーがたくさんありました。興味を持って必死に挑戦する姿や班内でもめることなくスムーズにコーナーを回る姿が見られ、貴重な時間となりました。

写真3~6




 

0

6年喫煙防止教室 (2019年11月26日)

11月26日5校時、6年喫煙防止教室を行いました。
保健の授業で、「喫煙の害」「飲酒の害」「薬物乱用の害」について教科書等を使い学習しますが、今回講師として滋賀県薬剤師会から大沢信裕氏を迎え学習の深まりを目指しました。

時間中の説明を聞いたり資料を見たりして、子どもたちは改めて「健康」の大切さやこらからの自分の行動について考える機会となりました。また、周りの大人の生活スタイルと関連する内容があり、よりよい生活に向けた意識を高めることにもつながりました。

写真1~4




大沢氏は、七尾地域のご出身ということで、子どもたちの声を聞いていると懐かしさを覚え、親近感が深まるというお話でした。

 

0

5年夢先生プロジェクト (2019年11月25日)

25日3・4校時5年1組、5・6校時5年2組で「夢先生プロジェクト」の授業を講師に元ハンドボール日本代表の主将を務められた、東俊介氏(アシスタント2名)を迎え、ゲーム(1時間)、夢トーク(1時間)を行っていただきました。

ゲームは、東氏をキャプテンとしたチーム(学級全員)を作り、課題を解決する方法を考え挑戦するという流れでした。その中で、キャプテンに頼ることなく一人ひとりが考え共有しゲームを通して修正をするという意識を持たせるため、作戦タイム等話し合いの場が長く持たれました。また、東キャプテンから「本気・全力」「自分の思いは伝える」「あきらめず全員で決めた作戦を守る」といったことが何度も出され、子どもたちの意識が高まり動きに表れていたと感じました。

写真1~6






夢トークでは、運動嫌いだった小・中学校時代、中学校で入る部活がなく仕方なくハンドボール部に入部した経緯等後の経歴からは想像できないような話でした。しかし、その時々に指導者や先輩に恵まれながら練習を積み重ね、その成果が実感でき力を伸ばすことにつながったそうです。「努力する習慣」という言葉でまとめられ、その大切さは子どもたちに伝わったと感じました。

もう一つ、「思いやり」が強調されました。周りへの「思いやり」は、自分の状態がよいときは容易にできるものの、辛い・しんどい・悲しい等であるときにできることは大変すばらしいことだと話されました。

今回の貴重な体験は心に残り、様々な思いが生じたことだと思います。この時間の感想や自分の夢等を記録シートに記入し送付します。それを読んでいただきメッセージを書いて返送してくださることになります。どんな内容が記載されるのか楽しみです。

 

0