2019年3月19日 卒業証書授与式

3月19日は卒業証書授与式が行われました。

46名の6年生が立派になった姿を見せてくれました。

本年度は七尾小学校との統合があったのでこの6年生は上草野小学校との統合もあったため、二回統合を経験している生徒になります。

1年生では1クラスだった人数も、統合を重ねることで2クラスに増えました。

様々な変化を受け入れた生徒たちはこの先どんな中学生になっていくのか楽しみです。

式の後は教室で担任の先生から最後の授業がありました。 (2組が撮影できず申し訳ありません)

生徒も保護者も熱心に最後の話に聞き入っていました。

1組の先生は2度目の担任に当たるのですぐに慣れることができたでしょう。

校舎を出ると在校生の皆さんが出迎えてくれました。

長い列を作って先生も生徒もお見送りしていただけました。

過去に担任を持って頂けた先生からもお祝いのお言葉を頂き、卒業生も保護者も大変嬉しそうでした。

街づくりセンターに場所を移し、恒例の謝恩会を学級委員さんが用意していただけました。 校長先生と担任の先生にお越しいただき和やかに謝恩会を行いました。

代表の卒業生に記念品とお手紙と花束の贈呈をして頂きました。

多くの生徒と保護者の方に参加頂き、会場は満員状態でしたが先生方と会食をしました。

大盛り上がりの出し物に会場は笑顔が絶えず、大変楽しい謝恩会になりました。

幼い頃の写真を使って生徒の名前当てクイズでは、全く変わってしまった子とそうでもない子と色々で、意外な参戦者(保護者の幼い時代の写真)もあり、大変会場が沸きました。

最後には思い出の映像を鑑賞しました。

実は筆者が映像を制作しましたが、6年間に色んなイベントがあり、忘れられない感動や学校行事などを凝縮した映像を用意しました。今後待ち受ける様々な困難や何かに負けてしまいそうな時に思い出して欲しい。浅井小学校で学んだ6年間をどうか忘れないで欲しいと言う気持ちで制作しました。

いつか思い出してまた見て何かを感じていただけると制作者としては嬉しい限りです。

 

最後に、今までに大変多くの方々に支えて頂きありがとうございました。

6年前は小さくまだまだランドセルの方が大きく感じた子供たちが今は大人と変わらない体つきになり、まだまだ成長しています。しかし中学生になってもまだまだ地域の皆様、保護者の皆様のお力が必要だと思いますのでこれからも変わらぬお力添えをよろしくお願い致します。