3年国語(大豆の話その2)

11月8日(水)3年生が、北ノ郷町にある『あやべ豆腐店』さんに来ていただいて、大豆の話やお豆腐作りについて教えていただきました。

3年生の国語の説明文で「大豆のひみつ」についての学習の一環です。

『あやべ豆腐店』さんは、湖北の大豆を使い、おいしいお豆腐づくりをするために2010年に、北ノ郷に来られたそうで、そのときのDVDも見せていただきました。
大豆のことを学習している3年生にもわかりやすく、種類のことも教えていただきました。
また大豆が水を吸っておおきくなり、その大豆を漉して作る事など、説明のプリントも用意していただきました。


 
固めるための「にがり」のことも、子どもたちは初めて知り、舐めてその苦さに驚いていたようです。
 

子どもたちは終始、熱心に聞き入り、今後の学習にとても役立つことと思います。
あやべさん、お忙しい中お世話になりました。

1+