インターネット親子研修会(12月18日)

P1020211(1)12月18日(木) 13:15~ 多目的教室で
「ネット社会の落とし穴から子どもを守るために」
(公財)滋賀県人権センター 人権啓発担当
松浦弘明さんを 講師にお招きして
5年生、6年生と 保護者の方を対象に
研修会を 開催しました。
具体例を 織り交ぜたプレゼン資料を
スクリーンに映し 解説頂きました。

あいにくの積雪でしたが 多数のご父兄にご参加頂きありがとうございました。
引き続き 学期末学級懇談会が行われました。
<お詫び 積雪が多く 駐車場が 確保しきれず 申し訳ありませんでした。 支援V>

P1020216(1)

0

百人一首 暗唱がんばっています

12月17日暗唱ボランティアの様子
12月17日暗唱ボランティアの様子

浅井小学校では 12月から 百人一首の暗唱に取り組んでおります
12月3日からは 毎日昼休みに ボランティアの方に 暗唱を聞いて頂き 確認シールを 貼って
頂いています。
もうすぐ 冬休みとなりますが ご家庭でも 聞いて頂けると励みとなると思います。
2学期の暗唱ボランティアは 17日で終わりましたが
また 3学期も 継続予定ですので ボランティアの方々よろしくお願い申し上げます。

0

12月16日 藤井市長、北川教育長ご来校

[/caption]

パソコン教室 4年生
パソコン教室 4年生

12月16日(火)
浅井小学校に 藤井市長、北川教育長が
お見えになり 5校時の子ども達の
学習の様子を 参観されました。

ロープジャンプ 6年生
ロープジャンプ 6年生
百人一首 2年生
百人一首 2年生
理科 3年生
理科 3年生
算数 5年生
算数 5年生

14:30から 多目的教室で
「市長と語る会」を 市長、教育長、浅井小学校区市会議員、PTA代表
          学校運営協議会代表、子育て支援ボランティア代表
          学校関係、その他関係者の参加で 行われました。
 ◎テーマ「すばらしい学校づくりのために」
 <新校 浅井小学校づくりの成果と課題 >
  ・これまで取り組んできた成果
    (子どもの様子・PTAの交流・地域の様子)
  ・心配や不安ごと
  ・課題への取組姿勢
  ・これからの取り組み(期待すること)
 
 ※語る会の議論内容、提言等は 後日発表があると思います

P1020198(1)

 
 

  

  

0

12月3日 人権集会

校内人権週間の一環として 12月3日(水) 人権集会が
読み聞かせグループ「お話の部屋ボランティア」のみなさんに
来て頂いて 多目的室で 開かれました

①1~3年生は 第2校時
  ・ふしぎなお面 ・かぜの電話 ・いのちのまつり   
 を 聞きました。

P1020159(1)  P1020162(1)

②4~6年生は 第3校時
 ・かぜのでんわ ・いのちのまつり ・ヤクーバとライオン
 を聞きました。

IMG_0595(1)IMG_0597(1)IMG_0598(1)

0

認知症理解のための絵本教室   (6年生)

11月28日(金)6年生は 長浜市地域包括支援課の認知症
理解のための絵本教室を受けました。

IMG_0001(1)

【包括支援課からの報告の抜粋を 以下転載致します】

◇教室の趣旨
 子どもの頃から認知症を正しく理解することにより、人として尊敬される
 存在であること、また、認知症の人の気持ちに寄り添い、助け合う事の
 大切さに気づくことで、思いやりのあるやさしい子どもの成長につながる
 ことを期待し、今回の教室を実施しました。
<事前・事後アンケートの実施結果>
1.65歳以上の方と同居している子どもさんは34.3%で
  3人に1人という割合でした。
2.事前アンケートでは「認知症」という病気を
  「少し知っている」 58% 
  「聞いた事はあるがどんな病気か知らない」 42%
  が大半を占め、「病名について」は ほぼみなさんが知っていました。
3.教室の効果として、以下のような変化がありました。

問1.あなたは、絵本教室の前と後で「高齢者」に対するイメージが
   変わりましたか?
  s2
問2.あなたの家族や親戚、または近所の人が「認知症」になったら
   あなたにできることがあると思いますか?
  s3
 「できることがあると思う」の自由記載
  ・今日習った、優しい対応をする。
   (優しく声をかける、道に迷っていたら教えてあげる、一緒に手伝うなど)
 ・怒らず優しくしたい、おどかしたり急がせない。
 ・関わる時は昔の話をしてあげる
 ※生徒さん一人一人が自分で何ができるか精一杯考えてくれました。

6年生の皆さんに、認知症を脳の病気と理解し、その対応の仕方まで
わかってもらう事ができるか不安でしたが、みなさん熱心に取り組んで
頂けました。
教室後、お家で認知症について話すきっかけになればと願います

0