3年生「ふじのみね」訪問

CIMG1462 CIMG1437 1学期は、新館で全員で歌やリコーダーの発表、七夕の飾り作りをしましたが、今回は本館と新館の2つの場所に分かれての交流でした。どんなことをしたらおじいちゃんおばあちゃんが喜んでくれるかを子どもたちが一生懸命考え、話し合いで内容を決めました。決定したのが『歌「うさぎ」「ふじ山」を一緒に歌う』と『似顔絵を描いてプレゼントする』です。
似顔絵を描きながらおじいちゃんおばあちゃんとお話をしたり、描き終わってから手や肩を「もみもみ」してあげたり、「もみもみ」してもらったり・・・と、はじめは緊張して話しかけられなかった子もおじいちゃんおばあちゃんの優しい言葉がけで笑顔が見られました。
帰ってからのおじいちゃんおばあちゃんへのお手紙では、
「また、ふじのみねに行きたいです。」
「(学校から行くのはこれで最後なので)家族と次は、行きたいです。」
「いろいろお話をしてくれたから楽しかったです。」
と、交流できたことを本当に楽しかったと書いていました。
おじいちゃんおばあちゃんの暖かい気持ちに触れたり、喜んでくれた姿を見られた、感じられたことは本当によかったです。

0